【口臭を消す】病院治療とセルフケアまとめ

更新日:

口臭 消す

口臭を消すコツは「病院で治療を行う方法」と「セルフケアで対処する方法」があります。口臭の原因は口内だけでなく身体の中にもあると言われているため、簡単に口臭を消すことができるわけではありません。もちろん、自分で簡単に口臭を消すことができるものから、治療をしないと口臭が消えないものまで口臭対策は沢山あります。

そこで本記事では、口臭を消すコツとして「口臭を消す治療」と「口臭を消すセルフケア」をまとめてご紹介します。この記事を最後まで読めば、あなたの口臭を消す方法が見つかるかも知れません。

口臭を消す治療について

口臭 消す

口臭を消す治療は各医療機関によって様々な治療法があります。と言いますのも、口臭の原因が口内だけでなく身体の中にある可能性もあるからです。口臭だからといって歯医者さんに行くだけが正解ではありません。

口臭を消す治療は、以下の医療機関で行われています。

  • 口臭外来
  • 歯医者
  • 耳鼻科
  • 内科
  • 精神科

[口臭を消す治療1]:口臭外来で検査する

スメルハラスメントが社会的問題となっている昨今。口臭の専門機関として「口臭外来」の設立が多く見られるようになってきました。口臭外来は歯医者さんや総合病院の中に開設されています。最近では口臭外来だけの専門医療機関もあるそうです。真剣に口臭治療を望んでいる方には特にオススメしたい機関ですね。

口臭外来で行う治療は「口臭チェック」が主になります。採血や尿検査、唾液検査など身体の隅々まで検査を行い、何が口臭の原因となっているのか、その原因物質を徹底的に調べます。口臭の原因が判明してから適切な処置や治療が行われるため、効率的に口臭を消すことができます。また、口臭外来では治療ができない内科疾患や耳鼻科疾患、精神疾患などについては専門の先生を紹介して、より専門的な治療を施せるようにサポートしてくれます。

口臭外来は口臭を専門とする機関であるため、口臭について専門的にアドバイスしてくれます。また、口臭の悩みは非常に繊細な問題として理解もしてくれているため、通院しやすいように完全個室や秘密主義といったプライベート環境にも力を入れているのが嬉しいポイントです。

[口臭を消す治療2]:歯医者さんで治療する

口臭の原因となる虫歯や歯周病、歯槽膿漏など口内に関する病気は歯医者さんで治療を行います。生臭いキツイ口臭がする場合は、歯医者さんで治療することで解消されることがほとんどです。

虫歯や歯周病といった口臭の原因は、口内環境が悪化しているから引き起こされている場合が多いです。そこで、歯医者さんで行う口臭治療は「口の中を綺麗に保つ」のが特長です。口内環境を整えることで、口内の細菌やバイキンを少なくして、口臭の発生を改善します。

歯医者さんで行う口臭を消す治療は以下のものがあります。

  • 虫歯菌除去による虫歯治療で口臭を改善する
  • 歯周病の原因細菌を除去して口内環境を整え口臭を改善する
  • 歯垢や歯石を除去して虫歯を予防して口臭を改善する
  • 歯磨き(ブラッシング)を指導して口臭予防をサポートする
  • 虫歯を抜歯して口臭の元を断ち切る
  • 失った歯や神経の再生治療を行う
  • 食べかすが口内に残らないように歯並びを矯正する

    [口臭を消す治療3]:耳鼻科で治療する

    鼻が詰まっていて口呼吸をしている人は口の中が乾いてしまい、細菌やバイキンを洗い流してくれる唾液の分泌量が著しく低下して口臭の原因になります。鼻が詰まっている原因は耳鼻科疾患、特に鼻の奥に膿が溜まってしまう「副鼻腔炎」が原因です。副鼻腔炎は蓄膿症とも言われていて、鼻の奥の管に膿が溜まってしまい鼻詰まりを引き起こすだけでなく、鼻の奥に溜まった膿が臭って口臭として外に排出されてしまうんです。

    副鼻腔炎が発症しているかどうかは、耳鼻科でレントゲン撮影をすると判明します。鼻の奥に膿が溜まっているのが影としてハッキリ映し出されるため、誤診断されることはまずありません。副鼻腔炎の治療は「抗生物質の処方」による薬物療法です。抗生物質の力で副鼻腔炎の炎症を落ち着かせて、鼻呼吸に戻すのが一般的な治療方法となります。ただし、副鼻腔炎は風邪の症状などから引き起こされる「急性副鼻腔炎」と慢性的に鼻の奥に膿が溜まってしまう「慢性副鼻腔炎」の2種類があります。慢性副鼻腔炎の場合は手術が必要になるケースもあるそうです。

    [口臭を消す治療4]:内科で治療する

    内科疾患の強烈なニオイが口臭として感じることもあります。例えば、胃潰瘍や胃炎、十二指腸潰瘍や肝機能障害、腎機能障害などの臓器に何かしらの異常がみられる場合です。臓器系に異常が見られる場合、食べた物が胃や腸で消化不良・代謝障害を引き起こし、腐敗した食べ物のニオイが口臭になっているのです。

    内科では身体の中にある口臭の原因を突き止めるため、消化器系で「内視鏡検査」「血液検査」「ピロリ菌の有無」などを行います。検査結果によって内臓疾患や腎臓疾患が口臭の原因として判明した場合は、「尿検査」や超音波検査、CTや臓器の一部を切って組織を調べる生検など、より詳しく調べていきます。

    また、内科で口臭の原因を治療するだけでなく、食生活の指導や生活習慣の見直しをしたり、薬の処方などで臓器の機能を正常に戻したりなど、健康的な身体にしていくサポートを行ってくれます。

    [口臭を消す治療5]:精神科で治療する

    異常に自分の口臭が気になる場合は自臭症という精神病が原因である確率が高いです。ストレスを溜め込んでしまいやすい方や、自分の意見をハッキリと言えない方、我慢しやすい方など、心が優しい性格の人が多いようです。特にストレスは「自律神経」を乱すという大きな特長があり、自律神経が乱れてしまうと免疫力が低下し、唾液の分泌を促すホルモンまでも低下してしまいます。唾液は口内を綺麗にする役割があるため、唾液量が減ってしまうと口臭の原因になります。

    精神科ではカウンセリングによる精神疾患の緩和や、睡眠薬や抗精神病薬、抗うつ薬などの薬物療法を行います。ただし、薬の副作用によって唾液の分泌量が抑制されてしまうため、口臭が発生しやすくなりますが、まずは精神疾患を良い方向へと導いてあげる必要があるため、精神を正してくれる薬は不可欠のようです。

    口臭を消すセルフケアについて

    口臭 消す

    口臭を消す方法は病院で受ける「病的口臭の治療」だけではありません。日常的にできる「生理的口臭のオーラルセルフケア」で口臭を消すこともできます。オーラルセルフケアは以下の方法があります。

    • 歯磨きで食べカスを除去する
    • 歯垢をデンタルフロスで除去する
    • 舌ブラシで舌苔を除去する
    • 食後に口内ケアする
    • 唾液を増やす
    • こまめに水分補給する
    • 緑茶や牛乳を飲む
    • 鼻呼吸を意識する
    • 空腹にならないようにする
    • ストレスを溜めないようにする
    • 喫煙しない・コーヒーを飲まない
    • 顎や口周りを動かす

    [口臭を消すセルフケア1]:歯磨きで食べカスを除去する

    歯磨きはオーラルセルフケアの基本中の基本です。食後の歯磨きを徹底することで口内環境を清潔に保ち、口臭を予防・改善に効果的です。特に近年では歯磨きの重要性が高まり、様々な種類のブラシや歯磨き粉が販売されるようになりました。歯垢除去力を高めてくれる電動歯ブラシや、虫歯や歯周病を予防する有効成分が豊富に含まれている歯磨き粉など、食べかすや歯垢などの汚れを簡単に除去してくれます。

    オーラルセルフケアで歯磨きに力を入れていくのであれば、電動歯ブラシの購入をオススメします。電動ブラシの場合、普通にブラッシングするよりも高速度の振動や水圧で歯と歯の歯垢や食べかすを書き出してくれるため、自分の手で歯を磨くよりも綺麗になりますよ。高機能な電動歯ブラシは金額も高いですが、入門タイプの電動歯ブラシなら値段もお手頃です。1本お試しで購入してみるのもアリだと思いますよ。

    [口臭を消すセルフケア2]:歯垢をデンタルフロスで除去する

    どうしても歯ブラシだけだと歯と歯の間にある食べかすや歯垢を摂りきれません。そこでデンタルフロスを使って歯の隅々まで歯垢を除去していきます。デンタルフロスとは「糸ようじ」のことで、歯への意識が高い欧米やヨーロッパ諸国では歯磨きとデンタルフロスの使用は生活の中で当たり前となっているんですって。特に美意識の高い外国人の方は、女性だけでなく男性でもデンタルフロスを使用しています。

    基本は歯磨きの後にデンタルフロスを使ってブラッシングで取り切れなかった歯垢や食べかすを取っていきます。デンタルフロスは虫歯予防として開発されているため、歯と歯の間に溜まった歯垢の汚れを書き出してくれる効果が非常に高い商品です。また、歯周病予防に特化している歯と歯茎の間をケアする「歯間ブラシ」も合わせて使えば、口内ケアはバッチリでしょう。

    ただし、デンタルフロスや歯間ブラシの使用を始めてしばらくの間は歯茎が出血して口から血がダバダバとでてきます。こんなに血がでて大丈夫なの!?と驚くかもしれませんが、デンタルフロスを続けていけば歯茎が健康な状態になり、自然と出血も落ち着いていくので安心して下さい。歯磨き+デンタルフロスで完璧な口内環境を取り戻しましょう。

    [口臭を消すセルフケア3]:舌ブラシで舌苔を除去する

    舌苔を放置しておくと口臭の原因になります。舌苔とは舌の表面に見える白色の苔のような塊のことです。舌苔は食べかすや皮膚の代謝物、細菌などが集まり塊になったものです。本来、舌の色はピンク色をしていますが、舌苔が溜まっていると白色で覆われてしまいピンク色がほとんど見えない状態になります。その状態になると、舌苔が悪臭成分を作り出して口臭の原因にもなります。

    舌苔を除去し、舌のお手入れをする商品が「舌ブラシ」と呼ばれる舌専用のブラシです。舌ブラシの毛先は舌の粘膜を傷つけないように柔らかい素材でできています。舌をケアする場合の注意点としては「やりすぎない事」。そして、優しくケアすることを心がけることです。舌苔の除去は1日1回で充分ですので、まずは朝の歯磨きと一緒に舌ケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

    [口臭を消すセルフケア4]:食後に口内ケアする

    食べ物を食べた後に口内ケアをすることも口臭を消すポイントです。特にお昼ご飯の後は歯磨きをしないサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。面倒くさいと感じることも多いですが、口臭改善のためだと思って、今日から実戦していきましょう。

    最近は食後の口内ケア用品として、歯磨きシートと呼ばれるウェットテッシュが発売されています。歯磨きやデンタルフロス、マウスウォッシュがし難いお昼ご飯後でも、バックに歯磨きシートを入れておけば重宝するでしょう。また、こまめに水を飲んで口の乾燥を防いだり、清涼剤を飲んだり、歯磨き以外にも食後の口臭ケアとしてできることは色々あります。

    [口臭を消すセルフケア5]:唾液を増やす

    唾液の量が減ると口内の細菌が増殖して口臭の原因になりますので、唾液を増やすことは口内の細菌を除去して口臭改善・予防に効果的です。唾液を増やす方法は酸っぱいものが含まれている「クエン酸」入りのガムを噛んだり、レモンやパイナップル、キウイ、オレンジ、グレープフルーツなどの南国フルーツや柑橘系のものを食べると良いでしょう。また、クエン酸は舌苔を分解してくれる効果も備えています。

    その他にも唾液の分泌量UPが期待できる大唾液腺をマッサージしたり、虫歯になりにくい環境を整えるためにキシリトールガムを噛んだりなど、口内環境を常に整えていくことが大切になります。

    [口臭を消すセルフケア6]:こまめに水分補給する

    口内を乾燥させないように水をこまめに飲んだり、飴の代わりに氷を舐めたりするのがポイントです。唾液の分泌量は口臭との関係性が高いため、常に口内を潤わせておくのが一番大切ですね。水分補給は必ず「水」を飲むようにしましょう。また、お茶を飲みたくてもノンカフェインを選んで下さい。

    とはいえ、こまめに水分補給をしろといってもジュースや炭酸飲料などの糖分の多い飲み物は控えたほうが良いでしょう。糖分は口が乾きやすくなるため、逆に口内環境を悪化させてしまう恐れがあります。その他にも緑茶など殺菌効果の高い飲み物も注意が必要です。緑茶にはカフェインが入っているため、利尿作用が活発になり、身体の水分を低下させてしまいます。

    [口臭を消すセルフケア7]:緑茶や牛乳を飲む

    緑茶には利尿作用があるため、唾液の分泌量を促す水分補給には向いてはいませんが、緑茶の中に含まれている「カテキン」は、うがい薬のイソジンと同じ殺菌作用があるといわれているので口臭予防に向いています。とはいえ、カテキンが含まれている物なら何でも良いというわけではありません。烏龍茶や紅茶などはカテキン量が少ないため、口臭予防としてカテキンを飲むなら緑茶が良いでしょう。

    また、牛乳は飲むタイミングにもよりますが、口臭を抑えてくれる効果が期待できます。牛乳には「悪臭を包み込み、粘膜に膜を張るタンパク質」が含まれていて、食事中に牛乳を飲むと胃の中にあるニオイのする食べ物を包み込んでくれます。さらにニオイの強い食べ物(ニンニク料理など)は、牛乳を飲むことで臭い成分を胃から全身へ吸収されるのを抑制してくれるそうです。牛乳を飲むタイミングは、胃の中で食べ物が吸収される食後1時間以内に飲むのが口臭予防効果が高まりオススメです。

    [口臭を消すセルフケア8]:鼻呼吸を意識する

    口呼吸は口内が乾燥して細菌を増殖させる原因になっています。意識的に鼻呼吸に変えることで、口内の細菌増殖を抑制し、口臭対策につなげることができます。とはいえ、いきなり鼻呼吸に切り替えるのは難しいので、無理せずに鼻呼吸に変えていきましょう。

    口呼吸になってしまう人の多くは耳鼻科疾患であるため、耳鼻科に通院して治療することをオススメします。また、歯並びが悪い方は自然と口が開いてしまうため、歯科医院で歯を矯正した方がよいでしょう。その他にも、日常的にマスクを使用したり、上唇と下唇をくっつける癖をつけるなど、色々なアイデアがあります。

    [口臭を消すセルフケア9]:空腹にならないようにする

    空腹になると唾液の分泌量が低下して口臭の原因になります。お昼や夕方になると口臭が気になる方は、実はお腹が空いていて唾液の分泌量が少なくなっていたかもしれませんね。唾液量が減ると口内で細菌やバイキンが活発化するだけでなく、一気に細菌が繁殖・増殖を繰り返し、それが口臭の原因になります。そして、増殖した細菌からは「揮発性硫黄化合物」という悪臭ガスが発生するため、口の中から温泉や腐った卵のような硫黄臭が発生するんです。

    できるだけ空腹にならないように、小腹が空いたら少量の食べ物を食べたり、こまめに腹持ちの良い食べ物を食べたり、ドリンクを飲んで腹を満たしておくのがポイントです。極度な空腹状態で口臭を招く前に工夫して小腹を満たしてくださいね。

    [口臭を消すセルフケア10]:ストレスを溜めないようにする

    ストレスを感じると自律神経が乱れて唾液の分泌量が低下して口臭を招いてしまいます。また、ストレスは自臭症といった精神疾患の原因にもなるため注意が必要です。口臭を予防するためにはストレスを感じないのが一番ですが、ストレス社会と言われる現代では難しいですよね。ですから、自分なりのストレス発散方法を見つけたり、趣味に没頭して時間を忘れたり、笑って過ごせる環境を整えたりなど、ストレスと上手に付き合っていけるみつを見つけるのが口臭対策になります。

    虫歯や歯周病、内臓疾患などの病気が無くても口臭がする場合はストレスが原因かもしれません。ストレスは悪いイメージばかり浮かんでしまいますが、上手に付き合ってみると「やる気UP」や「モチベーションUP」にもつながります。ストレス発散方法が思いつかない方は、とにかく笑うことをオススメします。笑うと幸せなホルモンが沢山出て気分もウキウキして楽しい気分になってきますよ。どんな状況でも笑って過ごせば、ストレスなんてへっちゃらです。

    [口臭を消すセルフケア11]:喫煙しない・コーヒーを飲まない

    口臭を消すセルフケアとして喫煙しないことも大切です。タバコにはニコチンやタールといった、口内の血液循環を低下させてしまう化学物質が含まれているため、唾液の分泌量が少なくなってしまうんです。さらにタバコ臭さも混じり合い、耐え難い強烈な口臭を発してしまう原因になります。タバコに含まれている化学物質には歯周病のリスクを高めてしまいます。この機会に喫煙習慣を辞めてみませんか?最近では禁煙外来といった専門機関もありますので、一度足を運んでみるのもよいでしょう。

    また、タバコだけでなくコーヒーにも注意が必要です。コーヒーにはカフェインが含まれていて、利尿作用や唾液の分泌量低下を招きやすいと言われています。また、舌苔を増やしたり胃に負担がかかるなどの作用もあるため、口臭予防には向いていません。特にコーヒーの中に含まれている「クロロゲン酸」は胃液の分泌を促してしまうため、胃が荒れやすくなり「胃潰瘍」や「胃炎」といった消化器疾患を引き起こしてしまう原因にもなります。コーヒーは口臭予防にも良いと言われていますが、1日3~4杯程度にとどめておくようにしたいですね。

    [口臭を消すセルフケア12]:顎や口周りを動かす

    顎や口周りを動かすと唾液腺が刺激されて唾液の分泌量が増加します。なぜなら、唾液が作られる場所は「耳下線」「顎下線」「舌舌線」の3つに大きく分けられていて、これらは顎や口周りにあります。唾液腺付近を指で刺激すれば、唾液の分泌を促すことができます。手で刺激するだけで良いので、テレビを見ている時でも、お風呂に使っている時でも、口臭が気になる時間帯でも、どこでも気軽に行えますね。

    ちなみに1日にでる唾液の量は1~1.5Lと言われています。唾液マッサージで唾液腺を刺激してもイマイチ唾液の分泌量が増えない方は、そもそも身体の水分量が不足している場合もあります。まずは水をしっかり飲んで、体内の水分量をあげることが大切です。身体の水分量がそのまま唾液になりますからね。

    口臭を消すまとめ

    口臭 消す

    近年ではニオイの嫌がらせという意味を持つ「スメルハラスメント(スメハラ)」が注目されています。スメハラは口臭だけでなく、体臭などのニオイが社会的問題になっていますよね。スメハラの中でも特に注目されているのが口臭です。口臭は他人や自分に限らず、一度気になりだしたら止まりません。また、会話が基本的なコミュニケーションとして成り立つ現代社会では、口臭があるだけで人と接する時に注意しなければなりませんよね。

    口臭を消すために医療機関での治療やオーラルセルフケアは大切なことです。入念に行えば、かなりの確率で口臭を改善することができるでしょう。ただ、口臭は口内から臭うだけでなく身体の中から臭っている可能性もあるため、歯磨きやデンタルフロスだけでは取り切れない場合があります。最近では身体の中から口臭を予防する口臭サプリも開発されているため、併用すれば口臭を完璧に予防して消すことができるのではないでしょうか。

    口臭の悩みは繊細でデリケートなものですから、いきなり医療機関で治療しろといわれても恥ずかしくて通院する勇気がないのも分かりますよ。それでも口臭を消したいと思って、オーラルセルフケアをしても消えない・・・という方も多くいらっしゃいます。もしかしたら身体の内側から口臭がしている可能性もありますので、まずは口臭サプリを使用して様子をみてみるのも良いのではないでしょうか。

    -口臭の基礎知識

    Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.