【口臭サプリの副作用】注意すべき点をピックアップ

更新日:

口臭サプリに副作用はあるのか

口臭サプリ 副作用

副作用とは薬を服用したり治療を受けた際に現れる本来の作用以外の作用のことです。たとえば風邪薬の場合なら服用した後に湿疹が出たり呼吸が苦しくなるなどの症状が出る方もいます。一方、口臭対策サプリは医薬品ではなく健康食品なので副作用と呼ばれるようなものはありません。ただ、継続して飲むことによって体に悪影響は出ないのかという心配はあるかもしれません。特に気になるのはサプリに含まれている添加物でしょう。

どのサプリメントにも言えることですが、自然由来の成分を使用していてもそれをサプリメントの形にするには必ず添加物が使われます。口臭対策サプリにもいくつかの添加物が使用されます。たとえば、グリセリン脂肪酸エステル、ラック色素、HPMCなどがあります。

グリセリン脂肪酸エステルは乳化剤として使用される成分です。グリセリンは石油から生成する場合とパームという植物の油から生成する場合があります。現在販売されているほとんどの製品で使われているのはパーム油から生成されたものです。ラック色素はラックカイガラムシが分泌する樹脂状の物質から作られています。HPMCは増粘剤として使用されます。一生涯毎日摂取しても影響がないとされる1日分の量をADIといいますが、HPMCにはADIが設定されていないので安全性が高い添加物と言えます。また、これはほとんど体に吸収されず、体外に排出されます。

このほかにもいくつかの添加物が使用されていますが、含有量は微量で厚生労働省によって安全性が認められたものだけを使用しています。ただ、添加物は少ないのに越したことはありません。市販で安価で売られているサプリの場合は添加物の種類が多い傾向があるので、安全性がより高いものを探しているならネット限定販売のサプリから選ぶのがいいでしょう。

また、口臭対策サプリはたくさん飲めばどれだけ効果が上がるというものではありません。含まれている成分によっては飲みすぎるとお腹が緩くなったり、他の好ましくない症状が出ることがあります。ですから、メーカーが表示している目安の量を守って飲むようにしましょう。

[口臭サプリの副作用]:妊娠中・授乳中は注意が必要

口臭サプリ 副作用

妊娠中・授乳中はホルモンのバランスが崩れる、ストレスが溜まるなどの理由で唾液が減少し、口が臭くなりがちです。また、歯磨きをするだけでも気分が悪くなり、十分歯磨きを行えないことで口臭に繋がることもあります。それで、妊娠中に口臭サプリを使用したいという方も多いのですが、メーカーの使用上の注意を見ると「妊娠・授乳中の方は使用を控えてください。」としているものがあります。また、妊娠中に飲んでもいいかどうかに関しては何も触れていないメーカーもあります。これはどのメーカーでも妊娠中の女性や授乳中の方を対象にした実験データが無いためです。どのような影響が出るかは未知数であるため「妊娠中・授乳中に飲んでも問題ありません」とは言えないわけです。

この時期に飲まないほうがいい別の理由は、口臭サプリには150倍や2倍などといった高濃度に濃縮されたエキスが含まれているからです。普通の健康な方にとっては問題ない量でも、妊娠中・授乳中の女性にとっては体に対する負担が大きくなる可能性があります。また、普段は問題なく飲めていたサプリも、つわりの影響で匂いが気になり気分が悪くなることがあります。ですから、この時期には口臭サプリは飲まないのが無難と言えるでしょう。

口臭がどうしても気になるという場合は水分をまめに飲むようにしたり、口臭を抑えることができる食品を摂取することができます。生野菜やヨーグルトを食べるようにすると腸内環境が良くなって口臭も改善されます。また、パイナップルやブロッコリーも口臭予防に適しています。その他には睡眠を十分にとる、物を食べた後には必ず歯磨きをするなどによっても口臭を減らすことができます。

[口臭サプリの副作用]:アレルギーを避けて効果を得るには

口臭サプリ 副作用

自然由来の成分が使用されているとされているサプリでも、食物アレルギーがある場合にはアレルギー反応が出ることがあります。口臭対策サプリの中にはハーブが使用されているものもあります。アレルギーを引き起こすものとして知られているのはカモミール、エキナセアなどのキク科のハーブです。ブタクサの花粉がアレルゲンとなっている方の場合は、これらの成分が入ったサプリを飲むとアレルギーが悪化する場合があります。

消臭サプリの中には生コーヒー豆から抽出したポリフェノールが含まれているものもありますが、コーヒー由来の成分でアレルギーを起こす方もいます。また、中にはキノコを食べるとアレルギー症状が出る方もいます。消臭対策サプリにはシャンピニオン(マッシュルーム)が含まれているものもあるので、キノコアレルギーがある方は避けてください。購入前に原材料全てを調べて問題ないことを確認してから飲みましょう。

なお、アレルギーの中には食物を摂取してから数時間あるいは数週間してから症状が現れる、遅発性のIgG抗体アレルギーというのがあります。これはなかなか見つけにくいものです。毎日気にせず食べているもの、大好物の食品がアレルギー反応を引き起こしていることもあります。心配な方は遅発性のIgG抗体アレルギーの検査を受けて何がアレルギー反応を起こしているか確認することができます。

[口臭サプリの副作用]:薬との飲み合わせの注意点

口臭サプリ 副作用

口臭サプリの注意書きには「薬を服用している方場合や通院中の場合は担当専門医に相談してください。」とも書かれています。これは、製品によってはサプリに含まれている成分が薬や治療の効果に影響を与えてしまう可能性があるからです。効果を弱めることもあれば、強めすぎることもあります。強くなり過ぎる場合は副作用が強く出たり肝臓や胃腸に障害が起きることもあります。効果を弱める場合は病気が治りにくくなります。いずれにしてもマイナスの作用になるので注意が必要です。

たとえば、骨粗しょう症治療薬を服用している方にとっては、カルシウムを含む乳酸菌が配合されているサプリは相性が良くないと言えます。ある種の降圧薬とグレープフルーツエキスも 避けたほうが良い組み合わせです。グレープフルーツに含まれているフラノクマリン類が薬の効果を弱めたり、強め過ぎたりすることがあるからです。ビタミンを制限する治療を受けている方も、サプリの栄養素について確認する必要があるでしょう。

その他にも薬や治療の効果に影響が出る飲み合わせがありますが、専門医でないとはっきりしたことがわかりません。薬を服用したり病院で何らかの治療を受けている方は、飲んでも問題ないだろうと素人判断で飲まないように、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

まとめ

口臭サプリ 副作用

口臭対策サプリは健康食品なので副作用はありませんが、食物アレルギーがある場合に原材料を確認してないで飲むと健康被害に遭うことがあります。また、薬や治療に効果に影響を与えるので薬を服用している方は専門医に相談することが必要です。妊娠中・授乳中などの特別な時期には使用を避け、他の方法で口臭対策をしましょう。口臭対策サプリは特に健康面で問題のない方は毎日飲んでも問題ないものです。口臭はなるべく早く解決したい問題です。目安の量を守って飲み口臭対策に役立ててください。

-口臭サプリの関連記事

Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.