【口臭の原因・対策】臭い玉って何?臭い玉ができる原因と対策

更新日:

臭い玉

臭い玉とは膿栓のことです。臭い玉を嗅ぐとドブ臭いニオイがするため「臭い玉」と言われています。臭い玉という名前から分かるとおり、臭い玉が口臭の原因となるのは間違いありません。

  • 喉の奥がイガイガして違和感がある
  • 時々くしゃみをした時に白い物体が喉の奥から出てくる
  • 口臭がドブ臭く感じる
  • ブレスケアに気をつけているのに口臭がする
  • 歯磨きをしっかりしても口臭が消えない

口臭について、このようなお悩みがある方は、臭い玉が口臭の原因となっている可能性があります。臭い玉の原因をしっかりと理解し、臭い玉を対策することで爽やかな吐息を取り戻すことができるかもしれません。

そこで本記事では、臭い玉について原因から対策まで口臭を引き起こすメカニズムをご紹介していきます。

臭い玉の正体は膿栓:見た目は白い塊

臭い玉

喉の奥から出てくる白い物体は「臭い玉」と呼ばれていますが、実の正体は「膿栓」のことです。臭い玉というのは俗称で、正しくは「膿栓(のうせん)」と言います。

膿栓は死んだ細胞や免疫物質、食べかすなどが固まってできたものです。臭い玉の大きさは直径3~5mm程度であり、色は乳白色や薄黄色をしています。

膿栓が喉にできる理由は、人の免疫作用による副産物だと言われています。
私達の喉には扁桃(へんとう)と呼ばれる免疫組織が備わっていて、細菌が喉に侵入したときにリンパ球などの免疫物質が出て細菌と戦います。その際に扁桃の表面にある「腺窩」と呼ばれる小さな穴に、細菌の塊や食物残渣などが溜まって形成される物質が臭い玉となります。

臭い玉の症状について

臭い玉

臭い玉が喉の奥にできると、以下のような症状が発生します。

  • ドブ臭い口臭
  • 喉のイガイガ感
  • 喉の奥に粘液がベッタリと張り付く感じ
  • 喉の奥に苔ができている感じ

臭い玉の症状で特に感じられるのが「ドブ臭い口臭」です。
歯科治療しても口腔ケアをしても口臭が治らない場合、臭い玉が喉の奥にできている可能性があります。

臭い玉自体は人体に悪影響を及ぼすものではありませんが、厄介なのが臭い玉は免疫が働いた時の副産物であるため、風邪などを引いたときでも臭い玉ができてしまいます。ですので、臭い玉をどんなに取ってもスグにできてしまうということです。

とはいえ、臭い玉は器具を使用して除去できますし、臭い玉ができる扁桃の穴も洗浄して綺麗にすることはできます。全く効果がないというわけではありませんが、定期的に臭い玉を取り続ける必要があります。

臭い玉の臭いはドブ臭い

臭い玉

臭い玉はドブ臭いニオイがします。まるで下水道が逆流し、肥溜に溜まっている汚水と混ぜ合わさったような強烈なニオイです。とはいえ、臭い玉は潰すとニオイが強烈ですが、白い塊状のままではニオイはしません。

臭い玉がドブ臭い理由は、様々な菌や残留物が醗酵してニオイを発生させているからです。そもそも臭い玉(膿栓)は膿ですので生臭くて当たり前です。ドブ臭いのは、喉に侵入してきた歯周病菌や大腸菌などの菌や白血球の死骸、それに食べカスなどと臭い玉(膿栓)が混じり合わさって固まってしまうからです。

臭い玉は病気のサイン

喉に細菌が侵入してきて戦った戦果が臭い玉として喉の奥に残る。臭い玉ができる原因から分かるとおり、臭い玉が病気のサインであることもあります。細菌と戦ったからといって、必ずしも全て死滅させられているわけではありません。喉に残って細菌が繁殖してしまうなど様々なケースが考えられます。喉に侵入した細菌が喉の病気を引き起こす原因となることも考えられますので、臭い玉ができやすいなぁと感じたら、何か喉に病気があるかもしれないと疑ってみるのが良いのではないでしょうか。

臭い玉の原因について

臭い玉

臭い玉ができる原因として多いのが以下の6つのケースです。

  • 副鼻腔炎
  • 鼻や喉の炎症
  • 鼻炎による後鼻漏
  • 逆流性食道炎
  • 睡眠時の口呼吸で喉が乾燥する(ドライマウス)
  • 唾液の減少で喉が乾燥する(ドライマウス)

臭い玉は以上のような疾患があると、膿栓や膿汁ができやすくなります。
特に健康な方でも臭い玉ができやすくなるのが口呼吸によるドライマウスです。

臭い玉の原因:口呼吸によるドライマウス

人間は鼻呼吸をすることで細菌などの侵入を防ぐことができます。しかし、耳鼻科疾患や蓄膿症、慢性的に鼻が詰まってしまうなど、鼻呼吸ではなく口呼吸になってしまうケースも多々あります。

口呼吸になると口内が乾燥して唾液の分泌量を低下し、口臭の原因となる場合があります。どんなに歯磨きをしても、虫歯や歯周病を直したとしても、鼻が詰まっている方は臭い玉による口臭が発生している可能性が非常に高いのです。

口呼吸の欠点としては、口内が乾燥しやすくなるため、細菌の繁殖が増加して口内環境が悪化させてしまう可能性があります。口内環境が悪化すると、口の中に細菌が増えて扁桃に詰まりやすくなり、臭い玉(膿栓)へと変わっていきます。

臭い玉は誰にでもできる可能性がありますが、口から出てこない方も多くいらっしゃいます。もし臭い玉の有無が気になるようでしたら、耳鼻科を受診すればスグに臭い玉を確認してもらうことができます。

臭い玉が口臭を招いてしまう理由

臭い玉

臭い玉が口臭を招いてしまう主な理由は、臭い玉の膿のニオイと口内で細菌が発生させてしまう悪臭ガスのダブルパンチにあります。特に口内が不衛生であると、膿汁という膿が大量発生し、生臭い不快なニオイを発生させてしまいます。さらに臭い玉の中には細菌や食べカスの腐敗悪臭物質が混ざり合っているため、さらにクサイ口臭を放ってしまうことになります。

臭い玉は虫歯になりやすい食生活をしていると、口内の細菌が増えてしまい、結果的に臭い玉の発生にも繋がることになります。つまり、虫歯になりにくい生活を送ることが臭い玉による口臭を対策するということになります。

虫歯を予防するには歯磨きはもちろん、舌の表面にある舌苔をブラッシング、糖分の多い食べ物や飲み物を摂りすぎないことも大切です。

臭い玉の正しい取り方

臭い玉

くしゃみをすると出てくる臭い玉ですが、自分で取ることもできます。ドブ臭いニオイを放ってしまう前に、自分で臭い玉をケアして口臭対策しましょう。

臭い玉の取り方は「自分でできる方法」と「医療機関(耳鼻科)で行う治療法」の2つがあります。

丸型洗浄ビンを使って自分で臭い玉を取る

丸型洗浄ビンで水を押し当てると臭い玉を除去することができます。
セルフケアで臭い玉を取るのに最適な理由としては、丸型洗浄ビンはノズルが長細いため、口内でも容易に喉の奥に届くためです。臭い玉にピンポイントで水を押し当てることができるため、簡単に臭い玉を取ることができます。丸型洗浄瓶は数百円で手に入れることができますので、試しに購入して自分で臭い玉を取られてみるのも良いと思いますよ。

丸型洗浄ビンで臭い玉を取る方法

  • 水を入れた丸型洗浄ビンを口の中に入れる
  • 臭い玉を目掛けて水を噴射し続ける
  • 水圧によって臭い玉がポロッと口の中に入る
  • 取れた臭い玉を口の中なら吐き出す

    丸型洗浄ビンで臭い玉を取るコツは、弱い水圧から始めて少しづつ強く噴射していくことです。コツを掴んで慣れてくると簡単に臭い玉が取れるようになりますよ。

    ただし、臭い玉が取れるということは口内の状態が悪化している証拠です。臭い玉を取るだけでなく、口腔内のケアも怠らないようにしましょう。

    医療機関(耳鼻科や咽喉科)で臭い玉を取る方法

    確実に臭い玉を取る場合は、医療機関の耳鼻科や咽喉科で臭い玉を除去してもらうのが安全です。臭い玉の除去は保険が適用されるため、治療自体の料金は安く済みます。一度、医療機関に相談されてみてはいかがでしょうか。(治療する場所によって値段は変わりますが、概ね200円程度のところが多いようです)

    耳鼻科や咽喉科では臭い玉を除去する専用の器具を使って、臭い玉を洗浄・吸引していきます。治療時間も短く、口を開けているのも数分間だけなのであっという間に臭い玉を取ることができますよ。

    とはいえ、臭い玉は繰り返しできるものです。臭い玉が出来る度に耳鼻科や咽喉科を受診するのは時間の無駄になるかもしれませんね。何度もできる臭い玉ですが、臭い玉の発生を予防するうがい薬などで対処することもあるようです。

    絶対にダメな臭い玉の取り方

    臭い玉を取る方法や除去する方法は様々なものがあります。しかし、臭い玉を取る方法を間違えてしまうと、口内の粘膜を傷つけてしまう可能性が非常に高く、その傷から細菌が侵入して口臭の原因となってしまうことも・・・。

    おすすめできない絶対にダメな臭い玉の取り方としては、

    • 綿棒で臭い玉を取る方法
    • 注射器・シャワーの水圧で臭い玉を取る方法
    • くしゃみや咳で臭い玉を取る方法

    などが挙げられます。

    綿棒を使うと臭い玉が取れなくなる

    鏡を見ながら大きな口を開けてみると、喉の奥に白い塊が見えてきます。実はその白い塊が臭い玉なんですが、実に綿棒で取れそうな位置にあると感じてしまうことでしょう。

    試しに綿棒で臭い玉を取ろうとしてみると分かりますが、綿棒で臭い玉をほじくり返そうとすると、臭い玉を奥に押し出してしまうことになるため、簡単にできると思いきや、簡単には臭い玉を取ることができないのです。

    たとえ鏡で見える臭い玉を取れたとしても、実は扁桃の奥には小さな穴があり、その穴の中に沢山の臭い玉が詰まっている可能性が高いです。

    つまり、鏡に見えている臭い玉は、扁桃の表面の穴に埋まっているだけ。綿棒で強く押し込んでしまうと、せっかく取ろうとした臭い玉が穴の奥に入り込んでしまい除去できなくなってしまうといったケースもあります。

    また、綿棒は先が柔らかいとはいえ、棒状部材は固く喉の奥の粘膜を傷つけてしまう可能性があります。粘膜は薄くデリケートな部分であるため、簡単に出血してしまい、出血した側から細菌が入り込んで炎症する恐れもあります。

    注射器やシャワーの水圧で臭い玉を飲み込んでしまうことも

    丸型洗浄ビンだけでなく、注射器やシャワーの水圧を使って臭い玉を取る方法もありますが、水圧が強すぎると臭い玉を飲み込んでしまう可能性があります。臭い玉を飲み込んでしまっても人体的に害はありませんが、ニオイの発生源になりうる可能性があります。

    できれば注射器やシャワーの水圧で臭い玉を除去するのは避けていただきたいですが、臭い玉が石灰化して硬くなってしまった場合には有効だとも言われています。

    もし、注射器で臭い玉を取る場合は、細長いタイプのものを使って、始めは弱い水圧で段々と強い水圧にしていくと臭い玉が取りやすくなるでしょう。

    シャワーの水圧を利用する場合、シャワーヘッドの部分に水垢などの汚れが付着していると口内に細菌が入り込んでしまう場合があるため、しっかりと清潔な状態にしてから、始めはゆっくりとシャワーをするようにしてください。

    くしゃみや咳で臭い玉を取るのは難しい

    くしゃみ、咳をすると出てくる臭い玉ですが、自然に取れることはあっても無理やり取ろうとすると難しいです。
    先を丸めたテッシュを鼻に突っ込んで、くしゃみを誘発させて取り出そうとする方もいらっしゃいますが、何回やっても臭い玉がでてこない事もしばしばあります。

    耳鼻科や咽喉科に行って臭い玉を取るのが恥ずかしい方は、咳やくしゃみで臭い玉を取るのではなく、丸型洗浄ビンなどで水圧を使って除去してみてはいかがでしょうか。

    臭い玉の予防法

    臭い玉

    臭い玉は何度もできるものなので、いくら臭い玉を取ったとしても何度も何度も繰り返し取り続ける必要があります。自分で臭い玉を取ろうが、耳鼻科や咽喉科で臭い玉を除去してもらおうが、またスグに臭い玉は再発します。しつこい臭い玉ですが予防する方法はあります。臭い玉を取るだけでなく、あわせて再発予防対策を試してみるのが良いでしょう。

    臭い玉の予防法は全部で5つあります。

    • 臭い玉の予防1:うがい薬でうがいする
    • 臭い玉の予防2:鼻うがいをする
    • 臭い玉の予防3:こまめに水分を取る
    • 臭い玉の予防4:唾液腺マッサージをする
    • 臭い玉の予防5:扁桃腺切除手術をする

    臭い玉の予防1:うがい薬でうがいする

    臭い玉はガラガラうがいで予防することができます。イソジンなどの殺菌効果が高い用品を使ってうがいをすることで、口内も清潔に保つこともできるため、臭い玉の予防にもなります。

    また、耳鼻科や咽喉科を受診した際に、臭い玉を予防するガラガラうがいの方法を教えてくれたり、臭い玉を予防するうがい薬を提供してくれたりなど、かなり専門的にアドバイスを貰えますので、臭い玉でお悩みの方は受診してみることをオススメします。

    もちろん、うがいだけで臭い玉を予防できるわけではありません。臭い玉は口内の環境を良くしておくことが大切ですので、歯磨きを含めて口腔内を清潔に保っておくことが大切です。

    臭い玉の予防2:鼻うがいをする

    鼻うがいをすることで、鼻から入れた水が臭い玉のある場所を通るため、水と一緒に臭い玉が排出されます。鼻うがいが効果的なのは、臭い玉を取るだけでなく予防もしてくれて、さらに風邪の予防にも良いからです。臭い玉を取ることで一石二鳥の効果を生み出してくれます。

    また、鼻うがいというと痛いイメージがありますが、鼻うがいが痛いのは真水で行うからです。食塩水を自分で作って鼻に流し込んでみると、鼻腔内が傷まずに洗浄することができます。近年は鼻うがいの重要性が高まり、鼻洗浄アイテムなどが市販されるようになりましたので、それらを使用して鼻うがいするのをオススメします。

    臭い玉の予防3:こまめに水分を取る

    臭い玉ができる原因は口内が乾燥して細菌が繁殖させてしまうことにあります。ですので、こまめに水分を取ることで体内の水分量を上げて、唾液の分泌量を確保することが大切です。

    特に鼻が詰まっている方やドライマウスの方は、こまめな水分補給をして、直接口内の乾燥を潤していきましょう。ただし、コーヒーや炭酸飲料、糖分の入っているジュースなどは唾液の分泌量を抑制してしまうため、余計に口内の乾燥を招いてしまう結果となり逆効果です。こまめに水分を補給する場合は、やはり水が一番良いですね。

    臭い玉の予防4:唾液腺マッサージをする

    唾液腺マッサージをすると唾液の分泌量を高めることができます。
    唾液腺は大唾液腺と小唾液腺がありますが、唾液の分泌量を上げたい場合は「大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)」をマッサージしましょう。大唾液腺は耳の下から顎あたりにあり、指で優しくマッサージしていくと、刺激が口内の唾液分泌を促してくれます。

    唾液腺マッサージの良い所は、食前や食後、口の乾燥を感じてきた時にサッとマッサージして唾液の分泌量を促すことができることです。日々の生活に唾液腺マッサージを取り入れるだけで、臭い玉の予防に役立てることができます。

    臭い玉の予防5:扁桃腺切除手術をする

    どうしても臭い玉のニオイが気になる方や、臭い玉が何度もでてきて嫌になってしまった方は、扁桃腺切除手術の検討をされてみてはいかがでしょうか。手術ですので痛みの問題(全身麻酔なので麻酔が切れると地獄のような痛みが・・・)、金銭的な問題(平均:手術費用や入院費を含めると約20万円前後)、時間的な問題(手術から入院まで約1週間程度)などがありますが、死ぬまで臭い玉に苦労し続けるのは人生が勿体無いなぁと感じます。まずは耳鼻科や咽喉科を受診して、専門の医師に相談やアドバイスを貰うのも良いと思いますよ。最近の扁桃腺切除手術では、メスを一切使わずにレーザー光線で扁桃腺を焼いてしまう方法が主流のようですね。メスで扁桃腺を切除するよりは痛みが少ないようですが、全身麻酔から冷めた後の痛みは地獄だという口コミもありました・・・。

    【まとめ】臭い玉を除去しても口臭がなくならない方へ

    臭い玉

    耳鼻科や咽喉科の医師いわく、臭い玉は何度も繰り返しできるものですので、臭い玉を取ったとしても根本的な口臭対策にはなりません。臭い玉が原因の口臭に悩んでいる方は、今あなたの喉の奥にある臭い玉を取ることは大切ですが、臭い玉を作らないように予防対策することも同時に行う必要があるでしょう。

    また、臭い玉を切除し、予防もしているのに口臭が消えない方は、病的口臭(胃腸疾患や肝臓機能障害)の可能性があります。
    病的口臭は身体の中の疾患が原因となっている場合があるため、いくら臭い玉を対策しても口臭が消えることはありません。

    このように、口臭には原因にあった対策をしなければ意味がないということです。
    だから、虫歯や歯周病からくる口臭は「歯科医院」で治療する、臭い玉が原因なら「耳鼻科」で治療する、身体の中からの発生する場合は、病気にあった口臭を対策するのがオススメです。

    歯磨き、舌ブラシ、臭い玉対策をしても口臭が消えない方は、口臭サプリメントで対策してみるのもオススメですよ。実は貴方の口臭は身体の内側から放っている可能性がありますので・・・。

    -口臭の基礎知識

    Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.