舌苔(ぜったい)ができる原因と正しい取り方

更新日:

舌苔(ぜったい)とは舌の表面にある白い苔

舌苔

舌苔とは舌の表面に付着している白い苔のような汚れのことです。舌苔は舌の表面や舌乳頭(舌の表面にある多数の小突起)の間に付着した細菌や、口の中から剥がれ落ちた粘膜細胞、食べかすなどの塊で、タンパク質を多く含んでいます。

舌苔が口臭を引き起こす原因であることや、口腔内トラブルの原因となっていることを詳しく知っている方は多くありません。そもそも、舌苔を気にされる方は少ないのではないでしょうか。

そこで本記事では、舌苔とはどんなものなのか、舌苔と口臭の関係はあるのか、なぜ舌苔ができてしまうのか、詳しく解説していきます。

舌苔の症状について

舌苔

舌苔がもたらす症状は「口臭」と「誤嚥性肺炎のリスクが高まる」の主に2種類あります。

口臭については、異常な量の舌苔ができていない限りすることはありません。舌苔が口臭を発生させている主な原因は、口の中が不衛生な状態になっていて、細菌などが異常に発生していることが要因です。

誤嚥性肺炎については、舌苔が舌にたくさん付着していると、唾液とともに舌苔を誤嚥したり、剥がれた舌苔を誤嚥したりするリスクが高まるからです。

その他にも、厚く蓄積した舌苔は味覚を感じる味蕾(みらい)を覆ってしまうため、健全な味覚を感じにくくなるといった障害が発生する可能性があります。このように舌苔は、様々な口腔内トラブルの発生原因となっているのです。

舌苔ができる原因は口内環境が不衛生だから

舌苔

舌苔ができる原因は「口内環境が不衛生な状態であること」が挙げられます。舌苔は細菌の死骸や口内の代謝物、食べカスといったものの塊なので、口内環境が不衛生になれば自然と舌苔も増えていってしまいます。

また、舌苔が異常に増えてしまう原因は様々で、中には加齢による原因もあれば、若いうちから舌苔が増えてしまうものもあります。特に鼻が詰まっていて口呼吸になりやすい方は、口内が乾燥しやすくなるため汚れがこびりつきやすく、舌苔もどんどん増加してしまいます。特にイビキをかいて口を開いて寝ている方は、睡眠中に舌苔が増えやすい傾向にあります。朝の口臭がきついと感じるのは、舌苔が寝ている間に異常に増えてしまうからなんです。

具体的に舌苔が増えてしまう原因は、以下のようなケースが考えられます。

  • 唾液量分泌不足
  • 免疫力の低下
  • 口呼吸
  • 歯磨きの不足
  • 禁煙
  • ストレス
  • 加齢
  • 全身的疾患
  • 薬の副作用
  • 新陳代謝の低下

舌苔があると口臭がする理由は硫化水素が発生するから

舌苔

舌苔があると「生臭い口臭」や「ドブ臭い口臭」がしますが、その臭いの原因は「硫化水素」という物質が発生しているからです。硫化水素は口腔内の細菌の働きによって舌苔が腐敗していく過程で発生します。

舌苔の量が口臭の強さとなるため、舌苔が舌に付着すればするほど口臭の原因である硫化水素を大量に発生させてしまう原因になります。硫化水素は悪臭防止法に基づく特定悪臭物質のひとつに指定されるほどですので、その口臭は目や皮膚、粘膜を刺激する有毒な気体と同じですね。

舌苔を綺麗にしても口臭がなくならない理由

舌苔

舌苔を綺麗に除去しても口臭が臭い方もいらっしゃいます。舌苔は誰にでもあるものですが、異常に溜まった時にしか口臭は引き起こりません。しっかりと舌苔を除去しておけば、舌苔による口臭は発生しないということになります。

もし、舌苔を除去して口内も清潔にしているのに口臭が発生している場合は「胃腸の不調」によって引き起こされてしまう口臭かもしれませんね。胃腸の不調による口臭は、うんち臭いので分かりやすいです。

胃腸の不調は不規則な生活習慣や食生活の乱れ、食べ物の欧米化による影響などによって腸内環境が乱れてしまうことにあります。腸内からの口臭は身体の中から臭いが発生しているということになりますので、身体の中にある口臭源を解消する方法が最も効果的だとも言われています。

腸内環境を整える方法は様々ですが、ヨーグルトを毎日食べたり、食生活を見直したり、規則正しい生活を送るのは基本的なことです。つまり、生活習慣をもう一度見つめ直してみるのが良いでしょう。

[口臭対策]:舌ブラシで舌苔を取るのは逆効果

舌苔

一般的に舌苔を除去する方法は舌ブラシをすることです。しかし、舌ブラシで舌苔を取るのは口臭対策に逆効果だとも言われています。その理由は、舌ブラシをすると舌表面の組織を削ぎ落としてしまうからです。

舌ブラシのデメリット:舌表面の組織を削ぎ落としてしまう

舌ブラシは舌の表面に付着している舌苔を綺麗に除去できるアイテムとして、近年では様々な種類が発売されるようになり人気が高まっています。しかし、舌ブラシは正しい使用方法を守らなければ、口臭対策には逆効果となる場合があります。

特に舌苔が原因で口臭を気にされている方は、舌苔を早く除去したいという一心で、ついつい力任せにゴシゴシと舌をこする間違った舌ブラシの使い方をされてしまいます。舌ブラシを力任せに使用すると、舌の表面の正常な組織も削ぎ落としてしまうため、味覚障害を引き起こしたり、思ってもみなかった舌の病気を引き起こしてしまう恐れもあります。

正しい舌ブラシの使用方法

舌苔

正しい舌ブラシを使って舌苔を除去するためには、まずは舌苔の除去力が高い舌ブラシを選びましょう。舌ブラシは様々な種類のものがあり、ブラシタイプやヘラタイプ、スポンジタイプなど種類によって特性も異なります。おすすめの舌ブラシは「ヘラタイプ」と「ブラシタイプ」のものです。一般的に舌苔の除去力が高いと言われているのもオススメする理由の一つです。

舌苔の除去力が高い舌ブラシを用意できたら、次は正しい舌ブラシの使用方法で舌苔を除去していきます。効果的な舌ブラシの使用方法は下記の5ステップを参考に行ってみましょう。

  • 鏡で舌を見ながら舌苔が付着している位置を確認する
  • 舌の奥の方に舌ブラシを置く
  • 舌の奥から手前まで優しく舌ブラシを引いて舌苔を除去する
  • 舌ブラシに付着した舌苔を水で洗い流す
  • 舌苔が綺麗に取れるまで2~3回繰り返す
  • 最後に舌ブラシを綺麗に洗っておく

舌ブラシで舌苔を除去できたかどうか確認する方法は、舌の色で判断するのが良いでしょう。舌の色が綺麗なピンク色であるのが一番良い状態です。しかし、1回の舌ブラシで全ての舌苔が除去できるわけではありません。舌に舌苔が付いているけど、薄い白色になっていれば舌の状態が良いと言えます。

実は1回の舌ブラシで取れる舌苔は少ないものです。ですが、執拗な舌ブラシは舌の組織に刺激を与えすぎて逆効果になりますので、舌ブラシで舌苔を除去するのは多くても1日に1回程度に留めてください。舌ブラシを行うのに最も効果的な時間は「朝の起床してすぐ」ですね。寝ている間は唾液分泌量や舌の運動機能が低下して口内が乾燥し、舌苔が増えている状態なので、朝起きてスグに舌ブラシを行えば、一晩かけてできた舌苔をスッキリきれいに除去することができます。

また、舌ブラシ使用後は、よく洗って乾燥させないと細菌が繁殖(増殖)しやすくなります。基本的に舌ブラシは繰り返し使用するものですが、できれば使い捨てタイプのものを使用した方が衛生的です。

舌苔を減らして口臭を予防しよう

舌苔を減らして口臭を予防するために必要なことは「口内環境を整えること」です。口内環境を整えることで唾液の分泌量を増加させることができるため、舌苔が溜まりにくくすることができます。

舌苔を予防して徹底的に口内環境を整える方法は、以下の10項目が挙げられます。

  • 歯磨きと舌磨き
  • よく噛んで食べる
  • 乳酸菌を取る
  • こまめな水分補給
  • 会話をする
  • 口呼吸をしない
  • いびき対策
  • 運動する
  • タバコとお酒を控える
  • ストレスを溜めない

舌苔の口臭予防1:歯磨きと舌磨き

舌苔の予防だけでなく、口臭対策の基本とも言われるのが「歯磨き」と「舌磨き」ですが、ついつい簡単に済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。そういった日々の努力を怠ると、口内環境も次第に悪化していき、舌苔が異常に溜まってしまうこともあります。

歯磨きを1日2~3回行うと口内環境を整えられると言われていますので、できれば朝昼晩は歯ブラシで歯を磨くように習慣づけたいところですが、最悪は朝晩の2回、そのうち朝は舌ブラシも一緒に行うようにしましょう。

また、歯磨きだけでなく、定期的に歯医者さんではのクリーニングを行ったり、デンタルフロスなどを使用して歯1本1本を丁寧に磨くようにすると良いでしょう。

舌苔の口臭予防2:よく噛んで食べる

よく噛んで食べると唾液を分泌する動きを高めることができます。噛むという動きは舌苔が異常に溜まってしまうことを防ぐことと、口臭予防することに深く関係しているため、食事の際は食べ物をよく噛んで唾液分泌を促すチャンスだと考えましょう。

余談ですが、看護の世界では流動食の患者さんの舌に舌苔がびっしり溜まっていることがあるそうです。流動食の患者さんは噛むという動きができないため、唾液の分泌量が急激に減少してしまい、口内環境が悪化してしまうからなんですね。それだけ唾液で口内が潤いで満たされているということは、舌苔を防ぐことに貢献されているということです。

舌苔の口臭予防3:乳酸菌を取る

乳酸菌は舌苔を少なくするわけではありませんが、口臭の原因となる細菌を殺して口臭改善に効果が期待できます。特にLS1と呼ばれる乳酸菌は、歯周病の原因といわれている「ジンバリス菌」を殺してくれる働きがあります。

近年でヨーグルトの効果に注目が集まり、歯磨き粉の代わりにヨーグルトを歯ブラシに付けて歯を磨く「ヨーグルト歯磨き」や、乳酸菌入りのサプリメントなどが広まりつつあります。

舌苔の口臭予防4:こまめな水分補給

唾液の分泌元は体内の水分ですので、カラダの水分不足が口臭の原因となると言われています。こまめな水分補給は体内の水分量が保たれて、唾液の分泌量を促進させてくれます。ちなみに唾液の1日の総分泌量は1L~1.5Lです。これだけの量が口内で分泌されているのですから、少なくとも1日1Lは水を飲んで体内の水分量を確保した方が良いでしょう。

舌苔の口臭予防5:会話をする

実は会話が少ない人よりも多い人のほうが口臭が臭いません。その理由は、たくさん会話することで唾液腺が刺激されるからです。特に多くの唾液が分泌される大唾液腺は耳下~顎の周辺あたりにある集中しています。会話が弾むと顎の働きで唾液腺が刺激され、活発になって唾液の分泌を促進させてくれます。

舌苔の口臭予防6:口呼吸をしない

口呼吸は口内を乾燥させる原因です。口内が乾燥すれば、それだけ細菌が繁殖しやすくなるため舌苔も付着しやすくなります。できるだけ口呼吸しないように習慣を改めて、鼻から呼吸ができるように意識を改革しましょう。

また、鼻炎持ちの方は鼻が詰まって口呼吸になってしまうかと思います。まずは鼻づまりの根本的な原因を突き止めて口呼吸を改善するためにも耳鼻科への受診をオススメします。その他にも、歯並びのせいで口が開いてしまう方は、歯の矯正も視野に入れておきましょう。

舌苔の口臭予防7:いびき対策

イビキをかいて寝ている方の多くは「口呼吸」になっているため、いびき対策が結果的に口臭対策につながります。とはいえ、いびきの原因は様々であるため、まずは「耳鼻科」や「耳鼻咽喉科」で専門の医師に相談するのが良いでしょう。病院に行っている暇がない方は、寝具の見直しやお酒をタバコを控えたり、寝ている時にマウスピースを着用するなどの対策もあります。

舌苔の口臭予防8:運動する

運動をすると自律神経が整い、唾液の分泌を促進させてくれるという効果が期待できます。オススメは有酸素運動を30~45分程度継続して行うことですが、ウォーキングやジョギング、自分が楽しんで行える運動ならなんでも良いでしょう。

運動する時のポイントは自分が最大限に楽しめるということです。楽しい!と思う気持ちが強ければ強いほど、幸せホルモンが脳内に分泌されて前向きな感情にもしてくれます。自律神経が乱れている方は、まずは運動を初めて見るのが良いでしょう。

舌苔の口臭予防9:タバコとお酒を控える

タバコやお酒に含まれている成分は唾液の分泌量を低下させる働きがあります。タバコにはニコチンやタールといった化学物質が口内に影響を及ぼし、お酒は利尿作用を促進させてしまうため、結果的に唾液の分泌量を抑制させてしまうのです。

タバコやお酒といった嗜好品は依存性が高いため、止めようと思ってもやめられないものです。どうしても止めたいという方は、一度「禁煙外来」や「アルコール外来」などといった医療機関を受診をされるのもひとつの方法です。

舌苔の口臭予防10:ストレスを溜めない

人間はストレスを感じると唾液の分泌量が極端に少なくなります。あなたも経験がありませんか?大事なスピーチや会議で喉に乾きを感じてしまうことが・・・。実はストレスを長く感じる緊張状態が続いていると、自律神経の働きが乱れてしまい、唾液の分泌を抑制させてしまう特性があるんです。

ストレスは悪だと思われガチですが、ストレスを全く感じない生活を送るのは不可能でしょう。まずはストレスと上手く付き合っていけるようなライフスタイルを見つけるのが重要です。自分なりのストレス発散方法を見つけたり、考えすぎないようにしたり、思いっきり楽しめる趣味を見つけてみるのが良いでしょう。

良い舌苔と悪い舌苔

舌苔

舌苔は誰にでもあるものです。お伝えしたとおり、舌苔があったとしても異常発生していなければ悪臭を放つことはありません。つまり、舌苔には「良い舌苔」と「悪い舌苔」の2種類があります。

「良い舌苔」の特長は薄っすらと白い状態の舌苔になっていて、舌のピンク色が透けている状態です。「悪い舌苔」は舌のピンク色が隠れてしまっていて、濃い白~黄色い色の舌苔が付着していて、舌の表面には舌苔が固まった塊が付着しています。

ドブ臭い口臭を放つ悪い舌苔は、舌本来のピンク色が見えない状態なので判断しやすいと思います。ですから、舌に白いものが付いているからといって、執拗な舌ブラシで舌苔を取ろうとすると舌を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

舌苔

必ずしも舌苔が口臭の原因となっているわけではありません。舌苔が付着している量が多いと、口臭の原因になると言われています。また、舌苔を全て除去したとしても口臭がなくならない方もいらっしゃいます。

口臭は舌苔だけが原因というわけではなく、カラダの中から臭いがしているケースもあります。特に厄介なのが腸内環境が悪くなると身体の中から臭いがしてしまうということです。

最近は腸内環境を整える乳酸菌入のサプリメントや芳香成分配合といった口臭対策や改善に役立つサプリメントも多く販売されています。特に乳酸菌入りのサプリメントは肌荒れが気にならなくなったという二次的効果も期待できるようです。

サプリメントに効果を期待しすぎるのも良くありませんが、お値段も手頃なものが多いので、舌苔を除去しても口臭が気になる方は、口臭対策用のサプリメントの飲用も考えてみるのも良いのではないでしょうか。

-口臭の基礎知識

Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.