虫歯で口臭がする原因とは

更新日:

[虫歯の口臭原因1]:食べ物のカスが発酵しているから

虫歯 口臭

虫歯が出来ると歯に穴が出来る場合があります。虫歯を作る細菌で一番有名なものは、Streptococcus mutans(ストレプトコッカス・ミュータンス)といい、歯のエナメル質表面に付着し、Streptococcus mutansが生じた酸によって歯を溶かします。その酸で出来た穴に食べかすが挟まると、食べかすに口の中の細菌が群がり、穴の中は酸素がない場合があります。酸素がないところで活動が活発な細菌がいてその細菌を嫌気性菌といい、主な種類にはPorphromonas gingivalis(ポルフィロモナス・ギンギバリス)の様な偏性嫌気性菌のグラム陰性菌、Treponema denticola(トレポネーマ・デンティコーラ)という細長いミミズのようなスピロヘーターと呼ばれる細菌が有名です。とくにPorphromonasgingivalisは細菌の繊毛が発達しており歯に強固に付着します。酸素がない部位での活動をすることを好むため我々みたいに酸素をエネルギー源とせず、代わりに硫黄をエネルギー源として活動反応をし、結果生じる揮発性硫黄化合物(VSC)は特有の悪臭を発生させます。揮発性硫黄化合物は主に3種類あり、硫化水素(卵が腐ったようなにおい)、メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい)、ジメルサルファイド(生ごみのようなにおい)で、口臭はこれらが混合した不快な悪臭であります。このように食べ物が発酵したようなにおいは口の中の細菌によってできたにおいなのです。

[虫歯の口臭原因2]:歯の神経が腐敗しているから

虫歯 口臭

虫歯が進行すると歯の中にある神経に炎症を引き起こし歯に痛みを生じます。そして、神経組織は壊死してしまい歯の防御反応を失い、神経は先ほど説明したPorphromonas gingivalisのような嫌気性菌に感染され臭いを出していきます。元々、神経があった場所は管のような形態になっており酸素が乏しく、嫌気性菌が好む場所になっています。

[虫歯の口臭原因3]:歯茎が化膿しているから

虫歯 口臭

歯の神経が虫歯の細菌(Streptococcus mutans)に感染され神経に炎症を起こし、さらに炎症がすすんだ場合に歯の根の先端に膿の袋を作ります。これを歯根肉芽腫と呼ばれ歯茎の表面は白いニキビのような膿の袋状なものを作り腫れます。この膿の袋の中にはコレステロール結晶や漿液性の液体や炎症性の物質が含まれております。この膿は感染そのものであるため悪臭を発します。

[虫歯の口臭原因4]:歯茎が腫れているから

虫歯 口臭

虫歯が進行して歯が根っこだけのような形状まで進行してしまった場合、その根っこの部位は不潔になりやすく、この場合もやはり嫌気性菌に感染されやすい部位となります。嫌気性菌が生じる悪臭とともに、嫌気性菌が生じる内毒素によって歯茎は炎症状態になり徐々に歯茎を腫れさせていきます。また、虫歯による臭いではないのですが、親知らずが良く磨けなくて不潔になっている場合、親知らずの周囲の歯茎が嫌気性菌に感染されて歯茎に炎症を起こし、腫れさて臭いを生じることもあります。

[虫歯の口臭原因5]:差し歯の中で虫歯が進行しているから

虫歯 口臭

差し歯(冠やブリッジ)をしっかり磨けていない場合、差し歯と歯の隙間から虫歯を作る細菌(Streptococcus mutans)によって内部は虫歯になっていきます。差し歯内部は、やはり酸素があまりない状態となっていることが多いため、嫌気性菌が繁殖しやすい場所になっています。そのため嫌気性菌によって生じた悪臭によって、歳馬の中で虫歯が進行している歯では口臭の原因となります。

[虫歯の口臭原因6]:虫歯が原因で蓄膿症になったから

虫歯 口臭

虫歯によって神経が感染され神経がない歯は、様々な細菌に感染されやすい歯になってしまいます。とくに根尖性歯周炎となり歯の根の先端に膿の袋を作った場合、その膿の袋が原因で頬の部分にある上顎洞という鼻腔粘膜内が感染し炎症を起こすことがあります。これが慢性化するとこの上顎洞内に臭いを生じ口臭の原因となることがあります。

-口臭の基礎知識

Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.