口臭の種類を徹底調査!臭いの原因は千差万別

更新日:

口臭 種類

口臭には種類が4つあり、その種類によって対策する方法が違ってきます。

    【4つの口臭の種類】

  • 口臭の種類1:病的口臭
  • 口臭の種類2:生理的口臭
  • 口臭の種類3:食物由来口臭
  • 口臭の種類4:自臭症

口臭の種類を知ることで、今後の口臭対策に役立つだけでなく、あなたの身体で起きている異変に気付くことができるかもしれません。この機会に口臭の種類をしっかりと学んでおきましょう。

口臭の種類1:病的口臭

口臭 種類

病的口臭の90%以上が口の中にある病気が原因です。

    【口の中の病気】

  • 歯石・歯垢(プラーク)
  • 虫歯
  • 歯周病
  • 舌苔(ぜったい)
  • 耳鼻咽喉科系疾患
  • 全身疾患

そもそも口臭の原因は、揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)という物質を口の中にいる嫌気性菌という種類の細菌がタンパク質やアミノ酸を分解して作り出してしまうからです。

揮発性硫黄化合物に関して何も対処せずにいると、口腔内の状態が悪化してヒドイ口臭を発するようになってしまいます。その口臭の出処は主に口の中の病気が一因となっている可能性が非常に高くなっています。

特に注意したいのが、病的口臭は段々と口の中の状態が悪化してしまったことに原因があるという点です。といいますのも、口臭が悪化していく順番が、食べかすでの口臭⇒歯垢での口臭⇒虫歯での口臭⇒歯周病での口臭と、病気が進行していくにつれて口臭も酷くなっていくことがわかるでしょう。

また、口臭はVSCが増える原因によって「生理的口臭」あるいは「病的口臭」に分けられます。
ここでは、病的口臭の原因となりうる項目を整理してみました。

歯垢(プラーク)と歯石

歯垢(プラーク)とは歯の表面に付着している柔らかい蓄積物のことで、そのほとんどが細菌の塊でできています。
歯石とは歯垢が唾液の中にあるミネラルと結合して硬くなった石灰分のことです。

歯磨きの際に歯垢(プラーク)を磨き落とせていない場合、2日間ほどで歯石へと変わるとも言われています。実は歯石には害がありませんが、口の中に歯垢と歯石が溜まり続けてしまうと口腔内の環境が悪化して細菌が口の中で増殖し、結果的に口臭の原因になってしまう可能性があります。そして、歯垢や歯石を放っておくと虫歯や歯周病の原因となったり、歯周病を進行させてしまう恐れがあります。

歯垢(プラーク)と歯石は正しいブラッシングをすることで綺麗にすることができますが、定期的な歯科検診を受けて歯垢と歯石を綺麗に除去してもらうのが良いでしょう。

虫歯

虫歯になると臭うといわれる腐った魚やチーズのニオイは、実は食べ物が腐敗した臭いなんです。虫歯は独特な口臭を発する原因と言われていますが、実は虫歯自体にニオイがあるわけではありません。虫歯で空いてしまった穴や欠けた部分に食べ物のカスが詰まってしまい、歯磨きだけでは取れなくなったカスが腐ることで発生するガスの”腐敗臭が口臭の原因”となります。

とはいえ、虫歯が進行すると歯根膜炎という歯茎の神経が腐った状態となり、強烈な腐敗臭を発するようになります。歯根膜炎を放置してしまうと、歯茎の神経から細菌や雑菌が侵入してしまい、歯根の先に膿が溜まりはじめて臭いが発生し始めたりします。

虫歯そのものは歯科医院で治療して口臭を改善することは可能ですが、気をつけなければならないのが詰め物を入れて虫歯を治療する場合です。虫歯で空いてしまった穴に金冠や銀冠を詰める場合、それらの金属が体質に合わない場合があります。虫歯を完治した後でも口臭がひどい場合は、詰め物として入れた金属片を疑いましょう。

歯周病(歯槽膿漏)

病的口臭の中でも一番の原因となりうるのが歯周病(歯槽膿漏)です。歯周病とは歯茎が赤く腫れ上がっている状態で、歯茎が細菌感染することで炎症する炎症疾患のことです。

歯茎が炎症していると、歯磨きをするだけで流血してしまう方も多いのではないでしょうか。歯周病はギネスブックにも掲載されるほど厄介な口腔病で、日本人の約80%以上の方が歯周病にかかっているとも言われています。

歯周病が厄介な点は、初期症状に痛みがないため歯周病であることに気づきにくいということです。歯周病は気がついた時には歯が痛み、気がついた時には歯そのものを失ってしまうのです。

歯周病になると腐ったタマネギのような臭いと、温泉の臭いに似た腐った卵のような臭いがします。歯周病が進行すると歯槽膿漏となり、歯茎に膿が溜まってしまい、高い濃度のメチルメルカプタンが検出されるようになるため、酸っぱい強烈な口臭を発するようになります。

舌苔(ぜったい)

舌の上に苔状の白い物体が付着しているのが舌苔です。老廃物や食べ物のカスなどが舌にこびり着いて放っておくと舌苔となり口臭を発するようになります。

舌に付着している白くて黄色い物体は、舌の膜状で生息する細菌が食べかすや細胞が剥がれた死骸をくっつけて作られます。歯に付着している歯垢(プラーク)や歯石と同じように、細菌が繁殖すると舌苔が塊としてできあがります。

また、舌苔は病的口臭に分類はされていますが、健康的な人にも舌苔はできるものです。例えば、唾液の分泌量が少なかったり、口呼吸をして口の中が乾燥している方は細菌が異常繁殖してしまうため、舌苔ができやすくなってしまいます。

舌苔の口臭の特長は、生ゴミが腐ったような、いわゆるドブ臭いニオイですね。舌苔の量が増えていくと、口臭もより一層きつくなっていきます。

耳鼻咽喉科系疾患

鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)に伴う後鼻漏(こうびろう)、咽頭疾患(咽頭炎、咽後膿瘍、咽頭潰瘍など)、逆流性食道炎など耳鼻咽喉科系の疾患が口臭になる場合がありますが、口臭の原因となる全体の約10%ほどしか締めていません。耳鼻咽喉科系疾患は喉から鼻に抜けるため、強い口臭となりやすく悪臭を感じやすいものとなっています。

  • 鼻炎</li>
    鼻炎の方は口が乾きやすいため、ドライマウスから口臭に繋がる可能性が非常に高いです。さらに鼻炎の方は鼻汁も多いため、喉に垂れて細菌が増えやすくなり、膿栓の原因にもなります。膿栓は口臭の原因にもなるもので、臭い玉とも言われています。臭い玉は喉の扁桃腺近くにできる細菌と白血球の死骸の塊です。

  • 蓄膿症(副鼻腔炎)に伴う後鼻漏(こうびろう)
  • 蓄膿症(副鼻腔炎)の膿はニオイが強烈ですが、蓄膿症で溜まった膿が鼻汁に混じり後鼻漏(こうびろう)になるとさらに臭いニオイを発するようになります。蓄膿症の方は喉にも細菌が増えやすいため、扁桃腺炎になりやすく、膿栓と膿汁も溜まりやすいため、まるで下水のようなドブの臭いを口臭として発するようになります。

  • 咽頭疾患(咽頭炎、咽後膿瘍、咽頭潰瘍など)
  • 咽頭疾患(咽頭炎、咽後膿瘍、咽頭潰瘍など)の特長は肉の腐った臭いがすることです。この臭いの発生源は喉にできる細菌が増えて悪臭を放つようになることだとも言われています。

  • 逆流性食道炎など耳鼻咽喉科系の疾患
  • 逆流性食道炎とは胃液が食道の方に逆流してくる病気のことです。胃液は強い酸性であるため、食道の粘膜を刺激して炎症や腫瘍を引き起こす原因になります。胃液からわかるように、逆流性食道炎の口臭は酸っぱい臭いがします。苦しくて酸っぱい胃酸のようなものが喉の方まで上がってきてしまうため、鼻を刺激するようなツンっとした臭いを感じることができるため、普段とは明らかに違うことを実感しやすいでしょう。逆流性食道炎の口臭が厄介な所は胃酸の臭いだけでなく、食道から逆流してきた普段は臭わない胃の臭いが混じり合ってダブルの口臭となり、かなりキツイ口臭を発するようになってしまいます。

    全身疾患

    口腔内の病気だけでなく、胃がん、糖尿病など全身疾患が原因となる口臭もあります。

    特に胃がんの場合、がん患者特有の臭いがすると言われていて、これは癌細胞が壊死して腐敗臭となり現れるからです。壊死した癌細胞の臭いは、まるで腐った卵のような硫黄の臭いがします。細胞が壊死しただけで何故このような臭いが発生するのかというと、ガンが進行するにつれて血液中に壊死した癌細胞が取り入れられて、肺の中でガス交換されるため、口臭が発するようになるからです。

    一方、糖尿病の場合は甘酸っぱいリンゴが腐ったような臭い「アセトン臭」が口臭として感じることができます。それだけでなく、糖尿病の方は唾液の分泌量が少ないため、ドライマウスとなり口臭が発生する場合があります。

    口臭の種類2:生理的口臭

    口臭 種類

    生理的口臭は病的口臭とは違い、誰にでもある口臭です。生理的口臭の主な原因は唾液の分泌量が減少することにあります。唾液が少なくなると口が乾いてしまい、口腔内が酸性化して口腔細菌が増殖するため、口臭が強くなります。もちろん、生理的口臭は病気が原因ではないため、時間の経過や条件が変わることで自然と解消されていきます。

      【生理的口臭の種類】

    • 起床時
    • 空腹時
    • 緊張時
    • 思春期
    • 加齢
    • 更年期
    • 月経
    • 妊娠
    • ストレス

    起床時

    起床時の口臭って硫黄のようなすえたニオイがキツイと感じますよね。大丈夫です。その口臭は誰にでも起こる強い生理的口臭です。起床時の口臭は睡眠中に唾液の分泌量が減ることで、嫌気性細菌が口の中で増殖して臭いが強くなります。また、舌苔がある方や歯に白いホワイトスポットが付着している方は起床時の口臭がキツく感じやすくなります。

    空腹時

    お腹が空いてるなぁと感じる時、ふと自分の口臭が卵の腐ったようなニオイを感じる事ってありませんか?実は空腹時は唾液の分泌量が減るため、口内細菌が増殖しているんです。特に空腹時は揮発性硫黄化合物が生成されやすいため、口臭が強烈になります。

    緊張時(ストレス)

    緊張している状態が続くと身体にストレスがかかり、唾液の分泌量が減ってドライマウス状態になります。ドライマウスになると口内環境が悪化してしまうため、口臭が発生しやすくなります。

    思春期

    思春期はホルモンバランスが崩れやすいため、唾液の分泌量が減る場合があります。それだけでなく、ただでさえ思春期はストレスを感じやすいため、口臭が発生しやすくなるでしょう。

    加齢

    年齢とともに口内の環境は刻々と変化していきますが、その中でも特に唾液の分泌量は減っていきます。また、身体の機能が低下してくるため、病的口臭が発症しやすくなります。

    更年期

    特に更年期の女性はホルモンバランスが大きく崩れてしまうため、唾液の分泌量が極端に少なくなりドライマウスが原因で口臭を発するようになります。また、女性ホルモンの減少も口臭の原因になると言われているため、40代~50代頃の女性は口臭が強く感じることが多いでしょう。

    月経

    ホルモンバランスが崩れると口臭が発生しやすくなるため、生理前後は口臭が強く感じやすくなります。また、月経中は身体の抵抗力が落ちてしまうため、口内細菌が増えて口臭が発生しやすくなります。特に月経前症候群では唾液量が減りドライマウスになりやすいため、口臭を強く感じる方も多いのではないでしょうか。

    妊娠

    女性は妊娠すると唾液がアルカリ性から酸性へと変わります。口内環境が酸性になると虫歯になりやすいだけでなく、口内細菌が増えやすくなるため、歯周病などが原因となり口臭を発しやすくなるでしょう。ですので、妊娠する前に虫歯は治療を終えておくことをオススメします。また、妊娠したことでホルモンバランスも崩れ、不規則な食生活が口内環境を悪化させてしまいます。それだけでなく、妊娠中は体温が上がるため、唾液の分泌量が減り、ドライマウスにもなりやすく、口臭の発生に繋がりやすくなるでしょう。

    口臭の種類3:食物由来口臭

    口臭 種類

    病的口臭や生理的口臭だけでなく、食べ物や飲み物からくる口臭である「食物由来口臭」も見逃してはいけません。食物由来口臭の原因は2つあり、1つ目は口内の食べかすから直接発生するニオイ、2つ目は臭いの強いニンニクやネギ、アルコールなどが消化される時に成分が血液中に溶け出して、肺の中でガス交換されて息から排出されるニオイがあります。食物由来口臭は一時的なものですが、血液中に溶け込んでしまった場合は、溶け込んだニオイ全てを出し切るまでに時間がかかります。

      【食物由来口臭の種類】
      臭いのキツイ食べ物:ニンニクやネギ

    • アルコール
    • コーヒー
    • タバコ

    臭いのキツイ食べ物:ニンニクやネギ

    臭いがキツイ食べ物の代表例はニンニクやネギが挙げられます。これらを食べた後の口臭は体内で消化吸収された臭いが原因である場合が多いですが、口内に残っている食べかすから臭いが発生する場合もあります。特にニンニクやネギ類(タマネギなど)、ニラやラッキョウなどは臭いが強烈な成分がふくまれているため、胃の中で消化され腸で吸収された後は酵素の作用で独特な刺激臭物質が生成されてしまい、それが血液の中に入り全身を循環して肺でガス交換されて口臭として外へと吐き出されて口臭となるためです。

    アルコール

    アルコールが口臭へと繋がる理由はドライマウスを引き起こしやすくなるためです。特に飲酒によるアルコールの過剰摂取は、体内の水分バランスを崩し、口腔内の唾液の分泌量の減少を招く結果となります。ドライマウスだけでなく、アルコールを分解する過程では、悪臭をもたらすアセトアルデヒドという悪臭成分が生成されてしまうのも1つの原因です。アセトアルデヒドが血中に含まれ、肺に入ってガス交換されると、悪臭が口臭として吐き出されてしまいます。

    コーヒー

    普段あなたが飲まれているコーヒーも口臭の原因になる可能性があります。コーヒー自体は口臭を予防する効果を持っていて、特に臭いがキツイ食べ物(ニンニクやニラ)を食べた後は、コーヒーのフラン類と呼ばれる成分の香りが強いニオイを中和してくれるとも言われています。しかし、コーヒーは飲むタイミングによっては口臭の原因にもなるのは間違いありません。特に空腹時にコーヒーを飲んでしまうと、コーヒー臭と口臭が混じり合ってしまい、不快な臭いを発する場合があるからです。コーヒーは胃に刺激を与えて胃酸の分泌を促す効果があるため、空腹時と同じ口臭が出やすくなるとも言われています。また、コーヒーの味や香りは舌の上に舌苔として粘着しやすいため、舌ブラシだけではスグに取ることができません。ブラックコーヒーなら良いのですが、ミルクや砂糖を入れたコーヒーは口内を酸性にしやすく、唾液だけの浄化力では不十分です。コーヒーを口臭予防として飲む場合は、砂糖やミルクは入れずにブラックで飲むのが良いでしょう。眠気覚ましにもなってオススメですよ。

    タバコ

    タバコは言わずもがなタールやニコチンの臭いがキツイため口臭の原因にもなります。タールは舌苔に付着しやすいため、舌ブラシだけではなかなか取れません。また、ニコチンは血液の中に入り込むと、体内の血管を縮小させて血行を悪化させ、唾液の分泌機能を低下させドライマウスを引き起こす原因にもなります。

    口臭の種類4:自臭症

    口臭 種類

    精神疾患である自臭症は、自己臭恐怖症や自己臭症と呼ばれる精神病の一種です。日頃からニオイに敏感な方があらわれやすい疾患だと言われており、性格的には敏感で繊細な方や自分の意見を主張することができずに、相手のことばかりを考えてしまい、本当に言いたいことが言えない方が多いです。

    自臭症の特長は「存在しない臭い」を感じてしまう「幻臭」が現れたり、周りから口臭や体臭が臭いと思われているんじゃないかと思い込んでしまう病気です。自臭症の場合、そのほとんどは口臭を感じられないことが多いですが、相手が咄嗟に鼻を押さえたり、鼻を摘んだりする、顔を背けたりする仕草を見ただけで自分は口臭がにおうんだ、自分が臭いの原因なんだと思い込んでしまうのです。

    自臭症の厄介な所は、自分が口臭の原因なんだと思い始めると、執拗な歯磨きや消臭スプレーなどでニオイケアを行ってしまうことです。それだけでなく、人生で上手くいかないことを全て自分のニオイのせいにして、必要以上に人との関わりを避ける傾向が見られ、悪化すると対人恐怖症にもつながります。

    また、過去に口臭やワキガなどで「クサイ」と言われたり、指摘された体験がある人の場合。それらがトラウマとなって自臭症を発症することがあります。

    口臭の種類まとめ

    口臭 種類

    一言で口臭といってもこれだけの種類があります。口臭は原因によってニオイや対策が違ってきますので、どれが貴方の口臭の原因になっているかを適切に判断していく必要があるでしょう。

    口臭は口内環境を改善させるだけでは根本的な解決にはなりません。口臭の種類を見て分かるとおり、そのほとんどが口臭対策の方法が違ってきます。自分の口臭の種類を正しく知り、そのうえで適切な口臭対策をとっていきましょう。

    最後に、あなただけが口臭に悩んでいるわけではありません。口臭の種類を見て分かるとおり、これだけの種類があるため誰にでも口臭の悩みはあります。口臭対策をすることで、自信を持てる綺麗な息を取り戻すことができるようになりますよ。

    -口臭の基礎知識

    Copyright© 【口臭サプリランキング】効果で選ぶおすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.